12月22日 



『ハヤシライスの旨い店』 ってテレビでやってた(^-^)

知多郡武豊町に在る享楽亭さん。

大正元年創業の老舗中の老舗だ!(お店は建て替えられちゃったけどね)



今日は2013年度606号乗り納めと前々から決めていた日。

606号絶好調!!

だが寒い。

それに風強い。

大晦日に『乗り納め』と勢い勇んで出撃して、606号を壊したトラウマもある。

…という事で酒場でダバダ近場でダバダ♪

享楽亭さんで昼飯を食べて『乗り納め』にする事に至った。



のんびり起きて、のんびり朝飯を食べて、のんびり身支度。

単機なら自分勝手にできる。

チキチ基地にて606号に火を入れるのは10日ぶり。

新調したスターターコイルのおかげで一発着火。

超気持ちイイ♪

エンジンが掛かれば寒さも忘れる。

SEVENって不思議な車だ。



日曜日の午前10時過ぎに西尾市内を606号で抜けるのは珍しい。

ツーリングの時はどんなに遠くても、だいたい目的地付近。

まるで平日みたいで、ちょっと臆する。

擦れ違うオープンカーは100%幌使用。(当たり前か?)



衣浦海底トンネルを抜けるのは何年ぶりだろう?

BDRサウンドを愉しむにはうってつけの狭いトンネルだけど… 海底だけに妙な圧迫感。

閉所恐怖症の僕は、通るたびに最悪の事態を想像してしまう。

久しぶりに通ったら半田ICなるモノが開通間近。

時の流れを痛感した。



享楽亭さんには営業時間45分前に到着(@。@);

駐車場が少ないから早めの到着を企てたのだけど… いくらなんでも早く着き過ぎた。

606号で武豊町を徘徊しても仕方ないので駐車場で日向ぼっこ。

そしたら店主さんと女将さんが「中にどーぞ!」と…

砂漠でオアシスならぬ寒空の下でストーブだ♪

何よりも二人の笑顔が温かかった。



お言葉に甘えて店内へ… ちょっと古い感じがイイっ!

「まだ準備に時間がかかるけど、準備ができたらすぐ作るでね。」と大将。

「寒かったでしょ? テレビでも観ててね。」とリモコンを渡す女将さん。

(T。T) 中に入れてくれただけでも嬉しいのに、涙でちゃうよ。 by child涙



11時20分ぐらいに注文を取ってくださいました。

それと同時に懐かしいナプキンの上にスプーン・フォーク・ナイフを並べる。

これぞ洋食屋さん!

懐かしいなぁ。



お店は大将と女将さん二人で切り盛りしている。

どこかで似た雰囲気のお店があったなぁ〜!?

あ! そうそう! SLツーリングでお世話になった『きやん坊』さんに似てる。

ちょっぴり切なくて… 小さく溜め息。



注文したのは絶対に欠かせないハヤシライスの他二品。

あのねぇ…

半端なく旨いって!!

「待たせたお詫びに!」と、コロッケと味噌汁を頂きました。

こっちが詫びなければいけない立場なのに…

このコロッケの軟らかさと舌触りは他では絶対にないぞ!

この店の人気メニュー、『エビ玉子巻』の旨さに驚き…

この地方ではココでしかない『チキンミヤビヤ』でビールが飲みたくなり…

ハヤシライスなんて、おかわりしちゃったもんね♪

正直、二人で食い過ぎた。



食べ終わる頃にはお店も混雑してきたので、マナー良くスマートに撤収。

お会計を済ませて「ごちそうさま!」と笑顔でお店を出ました。

店を出るまで何度も何度も「ありがとうございました!」を連発する大将と女将さん。

素敵なお店に出会えました。

家から30分だから、今度は日曜日の晩飯でお邪魔しよう♪

チキンミヤビヤでビールが飲みたいもんなぁ!



再び衣浦海底トンネルを潜り抜けて帰宅。

帰宅後はチキチ基地のシャッターを閉めて、606号一年の煤払い!

別にマフラーを外してエキパイの中を掃除なんてしません。

アルミ部分をブルーマジックで磨いて酸化払い!

ボンネットだけで2時間かかったわ(>。<)

寒くなりはじめた午後4時に磨き作業完了。

その他の部分も綺麗に洗って、WAX掛けて、カバーをして…

「一年お疲れさん! また来年な!」と労いの言葉をかけて暫くのお別れ。

これで仕事と大掃除に専念できます! o(^-^)o



美味しくて、楽しくて、サッパリした息抜きでした。





by606












606の息抜き 其の六拾壱