芦ノ湖スカイラインツーリング
















5月12日 はれ



昨年の10月7日に箱根・芦ノ湖・仙石原ツーリングを実行。

降水確率10%だったのにドシャ降り。

半ば強行ツーリングとなり、今までに無い思い出深いツーリングとなった。

あれから半年…

昨年達成できなかった『富士山をバックに記念写真』という目標を抱えてのリベンジ。

芦ノ湖スカイラインのレストハウスFUJI VIEWさんの予約も随分前から(翌週延期分も)OKだし!

あとは天気!

週間天気予報は一週間前から雨、雨、雨だったけど木曜の夜から好転。

金曜日の午後には晴れマークが先行♪

しかーし! 10月7日のドーハの悲劇がトラウマの僕。

若干弱気だけど晴れマーク先行の天気予報で延期にはできないぞ。



前日(11日/土曜日)はおもいっきり雨。

翌日の天気予報はおもいっきり晴れ。

早朝出発なので606号をチキチ基地からチキチキ通信所まで移動させておきたかったのに… 無理。

雨は午後8時頃まで降り続いた。

明日の出発までに道路は乾くかなぁ?

とりあえず止んでくれたので今夜は眠れそうだ。

ツーリング前夜の雨音は暴走族よりタチが悪い。

それでも箱根の天気がどーしても気になる!

富士山は綺麗に見えるのだろうか?

愛知県の降水確率は0%なのに、いろんな事が気になる。

今夜は酎ハイでも飲んで寝るとしますかぁ(^-^)

案ずるより飲んで寝るが易し。



寝たかと思ったら午前3時の目覚ましで起床。

酒の力を借りて寝ると、『寝た』という感覚だけで脳も体も疲れが抜けないのが事実。

寝不足よりはイイのかも!?



午前3時に朝飯を食って、606号をチキチ基地から神社裏まで押して移動。

あんなに降ったのに路面はすっかり乾いてました。

薄っすらと明るくなった午前4時に出発。



606号はアイドリングの状態も吹け上がりも上々で気持ちのいいスタートとなりました。

蒲郡市内を抜ける頃には昨日の天気が嘘みたいな青空が目の前に広がる。

「今日は富士山がバッチリ見えるぞーっ!」

テンションが上がるとアクセル開度も増す606。

やや昨夜の雨が乾き切らない赤塚PAにトイレ休憩で立ち寄りました。

トイレから戻ったら606号の下にあった水溜りが、まさかの虹色Theナイト。

ガソリンか?

オイルか?

藤原紀香? (久しぶり)

偶然3台のSEVENと一緒になって、更にテンションが上がったのも束の間。

テンション急降下。

オイルの氷柱は確認できるものの、ダダ漏れではないので『夢』という事にしておいた。



『夢』が『悪夢』にならない為に、一足早く掛川PAに行って点検がしたかったから…

赤塚PAから他の3台より先に出発。

A型なのでゴメン! m(_ _)m



赤塚PAから青空を背負って曇り空に向かって進みました。

油シミといい… 不気味な雲といい… 胃に悪い条件が次々と浮上。

掛川PAの3km先から霧が視界を妨げ始めた。

「またかよ!」

でも掛川PA付近は濃霧のメッカ。

この霧の向こうは快晴だと信じて進む。

霧で入り口すら確認できなかった掛川PAには集合時間の40分前に到着。

早速606号の腹周りを確認! 大した漏れじゃなかったので『良し』としました。

あとは天気だな(^-^);



集合時間の午前6時20分までに18台中17台集合完了!

(参加表明順)

yasuさん

to-daさん

でぶちんセブンさんご夫婦

くらしっくさん

B7さんご夫婦

koba-5009さん

さとうとしおさん

komi△さん

岡崎7さんご夫婦

takesueさん

モンスターラリーさん

shige1710さん

yoshi sevenさん

豊田1700さん

sun7さん

マルムシさん親子


SEVENが濡れるほどの霧ではなかったので安心して駐車しておけました。

がっ!

PA内に設置された道路情報によると新富士⇒御殿場は雨とな!

昨年同様、雨雲を追いかける形だ(>。<);

だったら雨雲に追いつかないように低速走行で進めばイイのでは?

出発間際に全員集合をかけて、ゆっくり駿河湾沼津SAまで進む事を口達。

またしても新東名からの富士山は絶望的だなぁ。



午前6時30分に掛川PAを出発。

計画通りに走行車線を遅い車に追従しながらの牛歩ツーリングを実行。

トンネルを抜ける度に霧が晴れたり、青空が広がったり、曇ったり。

山の天気の目まぐるしさに苛つきさえ感じた。

ずーっと青空だったらイイのになぁ。



長〜いトンネルの出口の向こうが灰色だった。

またしてもこの景色を見るなんて…

即臨戦態勢。

案の定トンネルを抜けた瞬間、レーシングスクリーンに雨粒が被弾。

「あ〜あ! また雨だよ。」

此処から先はずーっと雨になるのかな?



小雨降る中、午前7時半に駿河湾沼津SAに到着。

昨年は本降りだったのを思い出す。

とりあえず全機給油とトイレ休憩。

此処での休憩時間は第七小隊としては長めの40分としていました。

FUJI VIEWさんからのメール(リアル天気情報)では…

『現在、御殿場IC雨、箱根スカイラインも昨年と同じ天候です。』と… w(T。T)w

身も心も折れる情報。

一か八か! 休憩を20分延長して雨雲が通過させる事は不可能か?

案ずるより決めるが易し。

午前8時10分の出発を8時半出発に変更。

1時間以上の休憩は小隊の士気が下がるから、これ以上長い休憩はダメだと判断。



掛川PAから1時間かけて、ゆっくり進んで来て1時間の休憩は無意味となるか?

御殿場ICから終始雨だったら… 責任感じちゃうなぁ(>。<)@

駿河湾沼津SAから向かうところ雨雲ばかりだし… ダメかぁ(>。<)?



午前8時半に駿河湾沼津SAを出発。

雨こそ降ってないけど、いつ降ってきても不思議じゃない空。

御殿場JCTから左手方向には富士山が見えるはずなのに、またしても水墨画。

こりゃまた帰りに富士山が手を振るパターンだな。



ところが! 御殿場ICまで3kmの地点から青空がバーンと広がってきたではありませんか♪

雨雲も消えて爽やかな白い雲がサーと流れている♪

とりあえず御殿場ICからの雨は回避した。

さっきの『20分』は意外に大きな成功だったのかな?

御殿場ICから雨が降ったとは思えないほど乾いている道路を走って乙女展望駐車場に到着。

此処でoji-ojiさんご夫婦と合流♪ これまた昨年と同じ。

雨の心配とはおさらば!

やっと気楽にツーリングを楽しめる!

皆とゆっくりお喋りできる!

って思ったのに… 野生の鶏に寛ぎタイムを邪魔された。

泥だらけの足でボンネットの上に着陸されたら嫌だもんね(>。<)

SEVENに寄って来ないように追い払い続けてました。

そんな時… 白い雲の僅かな切れ目から富士山の頂上が顔を出しました。

僅か数分間だったけど『富士山が見れた!』と報告書に綴っておきます。



乙女展望駐車場から18台全機揃って一斉離陸。

此処での休憩時間を大幅に削ったので、ほぼ段取り通りの出発時間。

僕の頭の中は、早く三国峠で富士山をバックに写真が撮りたいばかり。

路面は所々ウエットで落ち葉も多かったので安全運転。

逸る気持ちに水を差すかの如く、上がれば上がるほど雲の中に…

青空はいつの間にか雲みたいな霧に覆い隠されてしまった。



箱根スカイラインの料金所で18台分一括払い。

300円だと思ったら350円で大慌て(>。<)@

もう既にこの頃には『三国峠で富士山云々』という夢は諦めてました。

雨上がり+無風=霧  また一つ勉強になったよ。



イマイチ残念な景色を眺めながら三国峠に到着。

こんな天気だから昨年同様で貸切状態。

雨が降ってないだけラッキー♪

とりあえず606号を駐車して、大きなお世話的な誘導を開始。

「岡崎7さんが…」

「なんかセルが変な…」

「止ってるんじゃない?」

などなど不安要素満載な声がたくさん聞こえてきた。

どうやら乙女展望駐車場でエンジンがかからず、置き去りにして来ちゃったみたい!

電波状態の悪い携帯電話で状況を確認。

ACマインズさんに迎えに来てもらう様子だったので、606号単機速攻でUターン。

料金所のオジさんに「コレコレ云々」と叫び散らかして通過。

岡崎7さんは乙女展望駐車場より少し上がった路肩にノーズを麓に向けて停車してました。

迷惑かけるからとか帰るとか言ってたので…

強引に押しがけして180度向きを変えてステアリングを返しました(^0^)



今度は「ありがとう!」と言って料金所を2台で通過。

無事に18台三国峠展望台に到着。

富士山は今年も無いけど、皆揃って記念写真を撮りました。



三国峠からレストランFUJI VIEWさんまでは5分ほど。

霧深いヤギさんコーナーを抜けて午前10時半過ぎに到着。

お店のスタッフの方々が笑顔で出迎えてくださいました。

思い起こせば今年の1月中旬に予約を入れさせていただき…

5月に入ってからは人数の報告などなど。

そして前日から当日の気象状況をメールや電話で細かく伝えてくださり… 感謝です。



とりあえず午前3時から何も食べてないので食事を注文。

一斉に24名バラバラの注文にも快く受け入れていただき… またまた感謝。

18台24名と聞いただけで断られるお店が多い中、趣味車乗りには嬉しいお店ですね。

606的にはGTromanに登場するcafe romanみたいなお店♪

FUJI VIEWさんが近かったら良かったのになぁ。



今回はカツ煮定食と唐揚げ定食を少々♪ 美味しく満たされました。

ソフトクリームも食べたかったのですが… プチ寒くて断念。

記念に寄木細工のテディベアーを購入。

富士山の溶岩とどちらにしようか迷った挙句にテディベアー♪



食後は駐車場で1台ずつ写真を撮ってくださり…

おまけに記念写真まで撮ってくださり…

しかも18台全機をFUJI VIEWさんのblogに載せてくださったりと、嬉しい事ばかり♪



そうこうしてるうちに頂上付近の霧も晴れて、沼津市内を一望できるようになりました。

「あそこが伊豆だよ! いつもツーリングで走ってる所だよ。」とkomi△さん。

静岡って北海道並にデカイ事を痛感。

霧が晴れたら景色は一変! 新緑と青空がスッゲー眩しかった!

一時はどうなる事かと思ったツーリングだったけど… 天は我らに味方した。



ヘリコプターの芦ノ湖遊覧飛行はGWで終わってしまったのでヘリコプターさえありませんでした。

遊覧飛行のある日は連休が多いので、また足車でのんびりお邪魔して乗ろうかなぁ〜と♪

美味しくて楽しくて一息できる素敵な時間をありがとうございました。



FUJI VIEWさんのスタッフの方々に見送られてお店を出発。

駐車場を出る方向『御殿場方面』という伝達が空回りして後ろ向きに見送られるプチハプニング。

元箱根・仙石原経由で御殿場方面に帰る♪が正解でした。

ややこしくてゴメンなさい。



芦ノ湖スカイラインの料金所で一括精算。

素敵な景色の連続で居眠り運転の恐れは無くなったものの、脇見運転に注意。

渋滞のメッカである箱根の関所付近の渋滞は全くありませんでした。

超快適に鳥居をくぐって芦ノ湖周遊♪

渋滞も無ければギャラリーも少なくて、見られサド不発(>。<)



仙石原はススキが無くてもド迫力な高原でしたね!

いつか白昼堂々全裸でダッシュしてみたい! と… たかじん君が言ってました。

でもね、あれから富士山は全然見れなかったんだよね。

これもまた「来年も箱根においで♪」という富士山の意思表示?

「来年もまた雲に隠れてやるぞ〜♪」という富士山の悪巧み?

伸るか反るか?

短い人生ならノッてなんぼでしょう!

来年もGW明けに勝負します。

もちろん旧東名高速で。



帰りは信じられないくらい暑くなりました。

放射冷却ならぬ火炎放射。

御殿場IC付近の渋滞は微塵も無く…

新東名もガラガラに空いてる状態だったのでスムーズに駿河湾沼津SAに到着。

トイレ休憩のみで隊列を整えて即出発。



最後は掛川PAにて午後2時半に解散宣言。

いや〜ぁ御殿場ICまでは昨年と同じく雨に泣き笑いのツーリングになるかとドキドキしました。

乙女展望駐車場からはオラオラ青空オーラでツーリングを満喫できました。

18台24名の皆さんお疲れ様でした。

レストランFUJI VIEWの皆さん大変お世話になりました。

また来年!



帰ってからの洗車はSEVEN乗りの勲章。





by606