606の息抜き 其の参拾九
















1月8日 日曜日 晴れ


SEVENの不調・絶好調はキャブ次第!


インジェクションのSEVENはCPU次第と言ったところでしょうか?


606号で『完調』という二文字を味わった事がない。
と言うよりも、どの状態が完調なのか知らない。



今日、606号のキャブを外して各部の点検。
そして組み付け。
二次エアーを吸っているのを直したりしながらのキャブ調整。



午前10時に着手し、昼飯を挟んで午後3時半に試運転。


走り出して直ぐに違いが分かった。
綺麗な吸気音!
その綺麗な吸気音に比例するように綺麗な排気音!
半年近くオイル交換してないのに、まるでオイル交換したばかりみたいなエンジン内部の動き。


そして今までに味わった事のない606号の加速。
タコメーターの針は軽く振り上がる。


606号が今までの半分くらいの重さに感じた。
これが『完調』というものなのだろうか?


突き詰めれば奥は深いけど、突き詰める時間があれば乗りたい気持ちが勝る。


『完調』 = 『快感』

Thank you! ムッシュさん。


by606